イタチの駆除・撃退法|住宅に侵入し悪さをする外来種のイタチ

生態や習慣を知る

イタチ

シベリアイタチやチョウセンイタチは海外から日本に持ち込まれたイタチです。これらのイタチは、日本全国に生息していて様々な被害を出しています。人間の住んでいる住宅に侵入して、住宅の耐久性を低下させたり、排泄物によって悪臭に悩んでいる家庭も多くいます。また、病原菌やばい菌が沢山いるので、衛生的にも良くありません。騒音被害も出ています。外来種のイタチは、住宅の天井裏や屋根裏を巣にするため、イタチが移動する度に天井から騒音がします。このように、人間に様々な被害を及ぼすイタチはすぐに撃退しなくてはいけません。撃退するためにも、イタチの生態や習慣を把握しましょう。

先程も言いましたが、イタチは日本全国に生息しています。そして雑食です。ネズミやカエルの肉がイタチの好物ですが、フルーツも食べます。一生懸命に手入れした農作物を収穫前にイタチに食べられることもあります。なんでも食べることができます。イタチは基本的に年に一回繁殖期を向かえます。繁殖期には、一回の出産で平均5匹生みます。多いイタチで8匹生む場合もあります。驚異的な繁殖力です。そのため、一匹を撃退しても効果はないでしょう。イタチの子育てはメスが行ないます。そして、オスとメスの体格は2倍ほどの差があります。オスの方が大きいでしょう。一夫多妻制のため、オスの方が体格が大きくなったと考えられます。ほとんどのイタチは夜行性です。夜に起きて餌を探しに行動を始めます。イタチを撃退する業者はイタチの生態や習慣を知り尽くしています。ですから、難しいイタチの撃退や駆除が出来るのです。